クレジットカードにサインする時に注意すること

リボンつきの札束

クレジットカードにサインする時に注意すること

署名欄に上書きをすると不正利用を疑われる

クレジットカードの署名欄の文字がにじんだり、薄くなってしまった場合は上書きしようと考える人もいます。
しかし、セキュリティ上署名の上書きは厳禁で、上書きをすることで不正使用を疑われてしまうことがあります。
これは決済するお店によっては本人が上書きしたのか、他人が上書きしたのか見分けがつかないケースがあるからで、上書きがはっきりとわかるものでは利用を断られるケースがあるからです。
場合によっては店側から通報などがあり不要なトラブルを招くこともあるため、多少読みづらくても署名欄の上書きはしないのが基本になるのです。

上書きが必要な状態になったらカード会社に連絡

紺色のクレジットカード
署名の書き損じが発生した際や長年の利用でインクが薄れてきた場合は、カード会社に連絡して再発行してもらうのが基本になります。
カードの署名は本人を確認する重要な物のため、薄れてしまうと盗難にあったときにしっかりと本人確認ができない可能性が出てきます。
署名不要で決済できる場所も増えているため、早め早めに行動することが大切です。
署名が薄れていても不正利用された分が保証される場合もありますが、カードの管理状況などが悪い場合は管理責任を問われる場合もあります。
上書きが必要な場合はカード会社が無料で再発行を受け付けてくれる場合が多いので、無理して使わない方がいいこともあるのです。

署名がわかりやすいようにマジックを使うのもおすすめ

署名の上書きが必要になるのは、多くの場合ボールペンなどで文字が読みづらい状況か、漢字の書き損じが挙げられます。
数年単位で使っているとインクがにじんでくることもあるため、ボールペンの利用は余り推奨できない部分もあります。
おすすめなのが極細のマジックで、インクが定着しやすく、ハッキリと文字が読み取れるようになります。
表面が濡れても滲みづらく、水回りで落としてしまった際や雨が降った時も安心です。
書き損じを防ぐために漢字ではなく、英語でイニシャルなどを書き込む方法もあります。
ただし、お店でサインするときに署名を混同するとトラブルになりかねないため注意も必要です。

書き損じを防ぐための工夫も必要

サインペン
クレジットカードのサインは書き損じが許されず、カード会社に再発行を依頼すると時間がかかってしまいます。
書き損じを防ぐための工夫も必要で、落ち着いて書ける環境を作ることも大切になります。
集中できる環境で書くだけでなく、あらかじめペンのインクの出やすさをチェックしておくのがおすすめです。
細めのマジックが無い場合は太めのボールペンを利用する方法もありますが、まずは紙に書いてインクの出方を見ます。
問題がない場合はゆっくり書くのがおすすめです。
カードの裏面はプラスチックで滑りやすいため、力を入れ過ぎないのもコツです。

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017現金化を利用する前に!知っておきたい基礎知識All Rights Reserved.