注意したいクレジットカードの使い方!

リボンつきの札束

注意したいクレジットカードの使い方!

サインがないと利用を拒否されることがある

クレジットカード裏の署名をすることは非常に重要で、サインが無ければ利用を拒否される可能性があります。カードの裏の署名と実際のサインを確認することでセキュリティが保たれるため、サインと署名の一致が確認されない場合はカードの盗難を疑わなければいけないケースがあるからです。盗難されたカードであることが想定される状況で利用されれば、店側の責任が問われる場合もあります。そのため、カードの裏にはしっかりと署名をすることと、支払い時に署名と同じサインをすることが基本になるのです。

署名はフルネームでなくても構わない


カード裏の署名で誤解されがちなことは、漢字のフルネームで書かなくともよいという点です。名字や名前だけでも問題はなく、サインをした際に一致を確認できることが条件になっているのです。ただし、日本人でありながらアラビア文字など解読が難しい文字を使う場合は注意が必要です。店員判断で本人確認が行われるなど、会計時のトラブルになりかねないからです。見た目とサインの一致も気にされる部分の一つです。英語のイニシャルや筆記体などはよく利用されるものの、文化的になじみのない文字は警戒されることが多くなります。また、明らかに偽名とわかるようなサインにも注意が必要です。

複雑にし過ぎてもサインの時が大変に

カードの署名をセキュリティのために複雑にする方法はあるものの、サインの手間などから嫌厭されるのが一般的です。利用する際の店側も複雑すぎれば確認が取れなくなり、かえってセキュリティを危うくする可能性があるのです。凝った筆跡を利用し、それをまねるようにしても、カード以外に残った筆跡を確認する場合には役に立たないケースも出てきます。あくまで自然で自分が使いやすい物を選ぶのが基本なのです。紛失や盗難のために複雑にするよりも、無くさないための普段の心構えが大切になります。

盗難や紛失時に署名がないと補償が効かなくなることも

クレジットカードの多くは盗難や紛失時のための補償がついています。盗難などが原因で不正にカードを利用され場合は全額補償されるケースは珍しくなく、利用者にとって大きな安心となっています。しかし、カード裏の署名を怠っていた場合は紛失や盗難に対する対策を怠っていたとみなされ、補償が効かなくなる場合があるのです。利用規約にも明確に記載があるケースが多く、クレジットカードが届いたら氏名の確認と署名は必ず行いたいポイントになります。しっかりと文字が読めるように記入するのも大切で、他人が読めない状態であればセキュリティとしての意味を持たなくなってしまいます。

Similar Posts:

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017現金化を利用する前に!知っておきたい基礎知識All Rights Reserved.